2022年を振り返って

2022年も残り2日となりました。


今年最後の更新はいつものように、1年を振り返えりつつ綴りたいと思います。

まずは、今年も1年間お疲れ様でした。

2022年もコロナ禍での診療となりましたが、特に大きな問題なく無事に終えることができました。



支えていただきましたスタッフ、業者さんに感謝申し上げます。
特筆すべきは、コロナ禍でありながら何一つ文句を口にせずに皆で協力しながら働いてくれたスタッフには本当に感謝です。

そして、おかげさまで当院も開院50年となり、この地域ではすっかり老舗の歯科医院となりました。

今後も地域の皆様を中心に、お口の健康をお守りする身近なクリニックとしてお役に立てますと幸いです。


今年もいろいろありましたが、いつもの様に 「診療」「経営」「学術活動(臨床の勉強)」「プライベート」
別に健忘録として綴っておきたいと思います。


まずは「診療」。

昨年と同じく大きな変化はありませんでしたが、近々、顔認証システムが導入されます。

そして、残念な事となりますが、5年間頑張ってくれたスタッフが12月末で退職しました。
彼女は頑張り屋であり患者様とのコミュニケーションも上手でしたので、私も大変助かりました。

患者様の間で◯◯◯ロスが起きるかもしれません...


新年はまた新たな体制でのスタートとなりますが、数年先を考えますと、時代背景が年々変化する中で
新たな価値観や世代の相違(スタッフとの歳の差)による考え方の違いなどなどと向かい合いながら?? 
診療体制を維持するようになるかと予測します 

難しいところですが、多様性を汲み取りながらも、診療の基本となる大切な軸だけはぶれないよう
院長としての役割を果たしていきたいと思います。


対 患者様については時代がどのように変化しようと、お互いが謙虚で対等な関係性、

つまり

『 診てください。』と『 診させていただきます。』の関係性を前提に、双方にとって気持ちの良い心の繋がり方を
大切にしていきたいと考えております。

この精神は、これまでも、そしてこれからも変わらない私の信念となるところかもしれません..。

ご理解いただけますと幸いです 


次に「経営」ですが、

こちらは昨年同様、税理士K先生からの適切なアドバイスに従い、そしてカミさん(財務省?)の意見
を素直に聞きながら病院経営を行っております。

税理士K先生のきめ細やかなご指導にはいつもながら心より感謝しております。 
ここ最近は皆様もご周知の通り値上げラッシュが続き、歯科関連の材料費も例外なく高騰してきています。

「経営」と一言で言ってもいろいろとありますが、数字はウソをつきませんので
見直すところは見直しながら、患者様の健康利益を第一に考え、保険診療・自由診療ともに精一杯頑張ってまいります。


次は学術活動。

当ブログでも時々ネタにしていますが、技術向上のためにマイペースで勉強を続けております。

少し前まではもっぱらリモートでしたが、最近は少しづつ対面式の講習会も戻ってきましたので
来年も興味のある講習会やセミナーには積極的に対面で参加して、患者様に還元できますよう頑張ります。

臨時休診等あるかと思いますが、どうぞご容赦ください。

それから、来年も「講習(講師)をする側」の仕事をいくつかいただいておりますので、
こちらの方も期待を裏切らないように頑張ります。


最後はプライベートになりますが、、
何より1年を通して家族皆が健康で過ごせたのが1番です。 

カミさんも年相応のオバハンになり、私も今年50になりました。
人生100年という言葉が飛び交っておりますが、折り返し付近にいる事は確かです。

気持ちだけは若く保ちながら、家族皆でしっかりと健康管理したいと思います。

何をするにしても体が第一ですからね...。

それから来年は娘が中学生になります。早いもんです...。

スクスクと成長してまして口も達者になってきました。
誰に似たのか知りませんが、我が強く頼もしい感じです。



長々綴りましたが、、



最後に...。

来年もまた、私と関わりがある全ての方々にとって、明るく、そして実りある年になることを願いまして
今年の当ブログのシメにしたいと思います。


当ブログの読者の皆様にも感謝申し上げます。


それでは、、ご自愛のうえどうぞ良いお年をお迎えください  




※ 写真は患者様からの頂き物。こんな分厚いタン、初めて見ました 💦


image9880.jpg

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック